味わいメモ−河津自慢の旬と鮮−
舌で感じるかわづ
シシ食えば舌が鳴るなり踊子路
海・山・川なんでもござれの味な町
伊勢えび
すきとおるような白身をヨロイのような甲羅で包んだ磯の王様”伊勢えび”は、日本では古くから珍重されてきた。伊勢えび漁は9月中旬から翌年5月中旬まで(夏季は産卵期なので禁漁)。こざらし網と呼ばれる赤い網を風のない闇夜に仕掛け、翌朝まだ暗いうちに引きあげる。食べ方は主に刺身、ボイル、塩焼、鬼ガラ焼、また味噌汁にすれば最高に風味がでる。
アワビ・サザエ
海岸の岩礁地帯の水深5m〜10m位のところで海藻類を食べているヘルシーな貝だ。アワビや卜コブシは一枚貝のように見えるが、実はれっきとした巻貝の仲間。ステーキにして良し、刺身にして良し、酒蒸しで食べられたらまた格別。特にトコブシは素朴に煮つけた民宿の味が好評だ。サザ工は刺身、壷焼はもちろんのこと、サザ工ごはん(たき込み) も風味があって美味。
川の珍味ズガニ
ズガニ(モクズガニ)は年間を通して河口にいるものと、初冬の産卵期に山間の沢から河口に下って来るものがある。ズガ二が一番おいしくなるのが秋から冬。食べ方は力二鍋、塩ゆでなど、素朴な調理法ほど”ズガ二の旨み”を味わえる。また、みそ汁にしてもいい風味がでるが、ズガニ通は力二のミソにズガ二の良さがあると言う。
野生の猪鍋
河津の冬の味覚といえば、なんといっても “イノシシ鍋”。「うちの父ちやんが山で狩ってきて、母ちゃんが作った味噌で仕立てた・・」野趣豊かな味わいを堪能させてくれる宿が多い。猪肉はブタ肉とは一味ちがった独特なコクがあり、臭みもなく柔らかい。野菜、豆席、シイタケ、コンニャクなどを入れ、特製味噌仕立てで食べる。「ついつい酒もすすみ、宴も賑やかになってしまう・・”猪鍋の心これにあり”」と、ある猪好き人間がのたまった。
海鮮料理
河津沖の相模湾や磯からは、四季折々に新鮮な魚が運ばれてくる。活のいい魚は煮ても焼いても刺身でもうまい。獲れたての地魚を味わうなら漁師民宿がいい。その日その日に獲ってきた魚がそのまま食膳に水揚げされる。味付けも土地独特、素朴な味わいが楽しめる。また、ホテル・旅館などでは主に”新鮮な海の幸会席”といった趣向の味覚が堪能できるが、本格的な割烹や洋食シーグルメの宿もある。
川魚料理
天城の流れ「河津川」ならではの味覚「アユ」を味わうにはことかかない。アユのおいしい季節は夏だが一年を通して味わうことができる。アユ料理は主に塩焼になって出てくるが、イロリを囲んでの串姿焼を楽しめる宿もある。あの独特な青い香りは、川魚ファンにとってはこたえられない味となっている。河津川といえば、もう一つ「ヤマメ」がある。ヤマメを食べられる宿はさすがに幻の魚と言われるだけあって数少ない。料理に「ヤマメの骨酒」というのがある。これは素炊にしたヤマメを丼に入れ、熱カンの酒をかけフタをする。そして魚のエキスが出たところでいただく・・というもの。


伊豆太陽農協
「農産物加工直売所」

 地元名産の農産物や農産物加工品の直売所。ワサビ、シイタケ、ミカン、お茶をはじめ、山モモ、ニューサマーオレンジ、キウイ、イチゴなどのジャム・ジュース類。特に二ューサマーオレンジは、ジャム、ジュース以外にもゼリーやようかんなどのお菓子類から入浴剤、ボディソープ、シャンプーといった製品まで作られている。他に田舎風コンニャク、山菜加工品から注文によりカーネーション、バラ、チューリップに至るまで、地元ならではの産品がズラリ勢揃い。
8時〜17時、火曜日休み。
河津駅より車で10分。
TEL0558-36-8316
ワサビの育つ好条件に恵まれた天城山麓は、最上質のワサビの特産地として有名。寿司や刺身を食べた時のあのツ−ンとくる香り高さは本ワサビならでは。実はこのワサビ、きわめて殺菌力があり、練リワサビの20倍の殺菌力があるということだ。日本人は古来よりワサビの特性を見いだし、刺身にかかせないワキ役として珍重してきたわけだ。本ワサビはもとより、ワサビ漬け茎の三杯酢漬けも美味で、しかも食欲増進効果もある。

TOP 宿一覧  歴史  踊子 ハイキング 釣り スポーツ イベント MAP アクセス リンク



◆河津温泉旅館組合◆