伊豆の踊り子と河津桜の里 河津町観光協会 BLOG
お問合せ
 English
宿泊予約 |  観光施設  |  温 泉  |  遊ぶ・楽しむ  |  花情報  |  河津町のお天気  |  食事処・商店  | アクセス
TOP > 観光施設 > 峰温泉、谷津温泉、河津浜温泉周辺


●交通:「上峰」バス停下車徒歩10分
●拝観200円※要予約
ねはんどう
涅槃堂

宗派:曹洞宗
創立は江戸時代初期で三養院の控寺として建てられたものと推定されています。堂内には本尊釈迦如来涅槃像があり、桧の一本造りで漆箔が施されています。また長さは2m60cmあり、寛永年中(1624~43)頃とされています。他には阿弥陀三尊、背属像24体があります。拝観には管理人への予約が必要ですが、建物外についているスイッチを押すと電気がつくので、中の様子を見ることができます。予約・お問合せは観光協会へ


●交通:「峰温泉」バス停下車徒歩1分
●駐車場/あり
※大型バスで来られる場合は専用の駐車場がありませんので、多目的駐車場(車で5分)をご利用下さい。
みねおんせんだいふんとう
峰温泉大噴湯公園

大正12年頃、当時峰温泉を一大温泉地にしたいと強く願った稲葉時太郎氏により温泉の掘削が行なわれ、大正15年11月に爆音と共に地上50mまで噴き上がったといわれています。当時は「東洋一の大噴湯」と呼ばれていたこの大噴湯を整備し、平成21年2月1日にオープンしました。

>>詳細ページへ


●交通:「踊り子温泉会館」バス停すぐ
●入場料/無料
●駐車場/無料(数台)
しんまちのだいそてつ
新町の大ソテツ

ソテツは日本では主に九州南部から、沖縄に自生するソテツ科の常緑の低い木です。スギやマツと同じ裸子植物の仲間で、鉄分を与えると元気がでるということで、「蘇鉄」と書くようになったと言われています。
峰にある、新町の大ソテツは、根のほうが直径約2.5mで、そこから上空や横に向かって何本もの幹が出て高い所では10mにもなっています。推定樹齢800年以上のものといわれ、1936年(昭和11年)天然記念物に指定されました。



●交通:「河津駅」徒歩25分
●駐車場/無料(数台)
なぜんじ
南禅寺

天台宗で創立は不明。諸説があります。開山も開基も不明ですが、本尊仏薬師如来をはじめ、11体が県指定文化財であり、その他13体が町指定文化財となっています。平安時代に造られた仏像群をまつってある現在の南禅寺、又これらの仏像群が当初まつってあり奈良時代に創建と伝えられる那蘭陀寺については文献が乏しく内容を明らかにするのは困難ですが、付近の土地名に堂山、地獄谷、仏谷、大門、弥勒等の地名が残されており、地形的にも裏の堂山は往時大崩壊があったことが指摘されています。

平成25年2月20日に「伊豆ならんだの里 河津平安の仏像展示館」がオープンしました!>>詳しくはこちら



●交通:「河津駅」徒歩10分

祭神:杉桙別命(すぎほこわけのみこと)
大祭:毎年10月の第3土日
由緒・伝承:杉桙別命は、木の神・火の神で、信者が「鳥精進・酒精進」(毎年12月18日~12月23日の間は、鳥・卵・酒を食べない風習)を怠ると火事になると云われています。言い伝えでは、杉桙別命はたいそうなお酒好きで、居眠り中に火事が起こったところたくさんの小鳥たちがいっせいに時雨のようなしずくを降らし火を消してくれたことから、これに懲りお酒を飲まなくなったとか。今でも地元で続けられている風習です。
「川津来宮神社例大祭」

毎年恒例の「どぶろく開き」の儀式が行われ、宮司が仕込んだ「神の酒」を祭神にささげた後、訪れた見物客にも振舞います。また、神社の伝統にまつわる「鳥・酒精進太鼓」の演奏も行われます。
期日:10月第2土日 場所:河津町田中
内容:1日目・・・どぶろくの振る舞い 午後6時~7時、鳥・酒精進太鼓 午後7時~8時
2日目・・・例大祭 午後1時~5時



●交通:河津駅よりシャトルバス10分※季節によってバスではなく専用車になります

かわづばがてるこうえん
河津バガテル公園

フランス・パリのブローニュの森にあるバガテル公園の姉妹園。日本では珍しい品種を含む1,100種6,000本のバラが春と秋に見頃を迎えます。園内にはバラの香りをベースにしたオリジナルのフレグランスを作る体験工房などがあります。ガーデニングショップではバラ苗や生活雑貨も多数あります。
日時
料金
◆フラワーシーズン
4/28~11/30(9:30~16:30)
大人1000円,小中学生300円
◆グルメ・ショッピングシーズン
12/1~4/27(9:30~16:00)
大人500円,小中学生100円
>>河津バガテル公園ホームページへ


●「河津駅」徒歩10分
●駐車場/無料(数台)

日本三大仇討ち物語の一つ、「曽我物語」で知られる曽我兄弟の父河津三郎は、相撲四十八手の一つ「河津掛け」の考案者であると云われています。河津八幡神社の境内には、力試しに使ったとされる手玉石があります。手玉石とは「かるく手玉にとる」からきています。また、河津町出身の彫刻家後藤白童氏の作「河津三郎力石」の像があり、名横綱双葉山書の題字が刻まれています。神社には祭神として三郎と曽我兄弟が祀られ、これにあやかり10月の大祭では、子供相撲大会が催されています。

日本初!体感型動物園iZoo
イズー
日本初!体感型動物園iZoo

iZoo【イズー】は日本最大の爬虫類・両生類の動物園です。本施設は今までの動物園、水族館では出来なかった
飼育体験や見学の仕方をご提案する、体感型動物園としてオープンしました。
小さなお子様から大人の方まで普段触れ合う機会のない爬虫類・両生類たちに思う存分触れ合ってください。
>> iZoo ホームページへ
Copyright(c) 2002 Kawazu Kankokyokai. All Rights Reserved